なまくろ's BLOG

ぶた丼のとん田に行ってみた

by なまくろ

ぶた丼のとん田

豚丼店巡り第二回は帯広で一番の人気店である【ぶた丼のとん田】に行ってみました。ちなみにとん田の読み方は「とんだ」でも「とんでん」でもなく、「とんた(TONTA)」です。お間違えなきよう。

場所は駅から少し離れていますが、いっぴんほど遠くはないのでなんとか足を運べるレベル。

日曜日が定休日なので前日の土曜、特に昼はかなり混むことで有名ですが、雰囲気を味わうためにも敢えてその時間帯に行ってみました。開店30分くらい前に行きましたが、既に人が並んでいたのには驚きましたね。

並んでいる時にメニュー表が回ってきました。とん田はバラ肉、ロース肉、ヒレ肉の3種類から肉を選べますが、一番のオススメは厚切りのバラ肉となっています。ただ、初めてのとん田なのでロース肉も食べたいと思い、お得感がありそうな「ロース・バラ盛り合わせぶた丼」を注文して待つことに。昔より値段が上がっている様子ですが、それでも他の店よりは良心的な値段です。大盛りにしたくなりますね。

※ただしロース・バラ盛り合わせぶた丼は量がやや多めなので大盛り不可

開店して席に着き、少し待つと注文したぶた丼が運ばれてきました。

ぶた丼、味噌汁、たくあんのセットメニューとなっています。たれ壺も付いてきます。

まずはロース肉から。こちらは一般的な帯広の豚丼と同じで、まぁ美味いかなといった印象。次に肉厚のバラ肉を食べてみると、噛む度に豚肉の油とタレが染み出し、それをご飯と絡めて食べると…美味い!なにこれ!美味い!卓上調味料の一味にんにくをかけると更に美味い!食が進むー!

一番の人気店というのは伊達ではなく、尋常じゃないくらい美味かったです。ただ前回行った【いっぴん】が炭火焼きで油を落とした豚肉であるのに対し、とん田はフライパンでタレと絡めて焼いているのでジューシーさに溢れた豚肉となっています。男性には強くオススメ出来ますが、女性やお年寄りの方などにはクドく感じてしまうかも。

総評

オススメですが注意したい点も…

今度行くときはバラ肉豚丼の大盛りを頼んでみようと思います。とん田は間違いなくオススメ出来ますね。
ただしぶた丼の提供まで時間がそれなりにかかり、更に言うと豚丼の量が多めで食べるのに時間がかかるため、回転率はあまり高くないです。店内が広くても混む理由はこれですね。一度並ぶと店に入るまで結構な時間がかかってしまうので、行く予定を立てた場合は早め早めの行動を。